• スソワキガキャンペーン

クアドラカット

クアドラカットは、過去の手術方法にあった傷跡の大きさや臭いの元の取り残しという欠点を最小限に抑えた、大学病院と共同で開発された手術方法です。

すそわきがの治療法-切る手術イメージ2-

小さなお子様でも安全に手術できるというワキガ・すそわきが、多汗症の方のために作られました。ワキガやすそわきがの臭いが強い場合は手術による治療が効果が高いため注目されています。

手術は、基本的に局所麻酔で行われ、ワキの片側ずつ実施します。わきの下の皮膚切開からアポクリン腺を含む皮下組織を除去していくのです。

クアドラカットは手術用に使われるシェーバーであり、手作業による手術と異なり、肉眼では見えないような小さなアポクリン腺も小さな切開で取り残しなく除去することができます。

さらにエクリン腺や毛根もほぼ除去できるため、同時に汗の量も減少させることやワキ毛も永久脱毛できる効果が期待できます。

クアドラカットは、再発する可能性が非常に低く、手術時間も短時間で済み、なんといっても手術痕がほぼ残らないのがメリットです。

実際に術後の傷跡は最小4mm程度で3ヶ月ほど経過すれば、ほぼ目立たなくなります。

また、再発する可能性というのも、アポクリン腺の取り残しが影響しているため再発のリスクがありますが、クアドラカットではほとんどの確率でアポクリン腺を除去できるためリスクがなく安心です。

ただし、保険が適用されない治療であるため、治療費が高額になります。

こんな方におすすめ

切開創を小さくされたい患者様や小児にお勧めです。
手術の中では、最も傷跡が小さく、再発しずらい完治度の高い手術になります。

傷も5mm程度の切開が2ヶ所ほどで小さく、ノースリーブや半袖など、肌を露出する機会の多い女性や年齢的に若い方には、特にこの方法はおすすめです。

クアドラカットの治療流れ

麻酔を行い、剪除法同様に皮膚を剥離して、手術用シェーバーであるクアドラカットという専用の機器を利用して、組織の除去をおこないます。

術後の注意点

切開創が小さいとはいえ 皮膚剥離は剪除法と変わらないためリスクも全く同じです。
手術のリスクは切開創の大小ではなく剥離した範囲の広さによります。
クワドラカット法の有用性が強調されていますが、術式として単に切開創が小さいこと以外は、剪除法と大きな差はありませんので剪除法のリスクや注意点と同じです。

クアドラカットのFAQ

クワドラカットの術後の痛みはありますか?

皮膚を剥がし機器で削り取るわけですから若干の痛みは生じます。血種が術後に形成されると強い痛みが生じます。

麻酔はどんな麻酔を行いますか?

局所麻酔での手術となります。エピネフィリン添加のキシロカインを局部に注射して麻酔を行います。

術後はすぐに日常生活が可能ですか?

術後の固定が必要となりますので術後3日間は通常の動きもしないよう安静が必要、4日目以降も最小限の動きだけ1週間目から通常の日常生活は可能となります。
切開創が小さいと言っても皮膚剥離が必要でしっかりした術後固定も必要で、本来は入院が必要な手術になり原則 入院手術になります。

手術後のトラブルや後遺症などはありますか?

一番多い合併症は、出血による血種形成です。これが起こりすぐに処置しないと皮膚壊死が確実に起こります。感染は稀ですが術後しばらくしてから手術部位に粉瘤や毛嚢炎が生じることがあります。

確実に臭いは無くなりますか?

残念ですが、ダウンタイムがある割には完全に臭いが無くなることはまずありません。

これは皮膚が剥離できない部位は全く治療できないため完全に臭いの元であるアポクリン汗腺が残存するからです。

何歳から手術可能ですか?

臭いが気になる年齢は個人差がありますが早い方で10歳くらいから小学生4-5年生からです。安静が難しい子供に行うとリスクはより高くなります。

監修医師

doctor
クリニック名さかえクリニック
住所〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
院長末武信宏
院長プロフィール順天堂大学医学部 非常勤講師
日本美容外科学会認定専門医(第219号)
第88回 日本美容外科学会 会長
プロボクシング トレーナー JBC認定(NO.31532)
国際抗老化再生医療学会 認定指導医
一般社団法人 先端医科学ウエルネスアカデミー(AMWA)副代表理事
https://www.amwa.jp
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事
トップアスリート株式会社 代表取締役
http://topathlete.co.jp
WEBサイトhttps://sakae-clinic.com
https://wakiga.media

-すそわきが