• スソワキガキャンペーン

子供のすそわきが

すそわきが・ワキガで悩む子どもが増加

子供のすそわきが-イメージ-ワキガやすそわきがと聞くと大人特有のデリケートな悩みの一つと考える方も多いかもしれません。

しかし近年では、ワキガの低年齢化が懸念されており、思春期を迎えた10代の若い世代でも大きな悩みになっているのです。

実はワキガやすそわきがを引き起こす原因は思春期と大きな関係があります。

すそわきがの発生源であるアポクリン汗腺は思春期に発達する性ホルモンと深い関係があり、ワキやデリケートゾーンから不快な臭いを発生しやすくなります。

現在、ワキガやすそわきがで悩んでいる中高生も少なくありません。

自信を持って日々を楽しく過ごすには、日常生活に支障を来してしまう前やコンプレックスになる前に適切なワキガ対策を講じることが大切といえるでしょう。

子どものワキガやすそわきがが増えている理由

子供のすそわきが-イメージ2-子どもがワキガやすそわきがになってしまう原因はさまざまです。

たとえば遺伝や食生活の乱れも原因といえます。

遺伝によってワキガになってしまった場合、専門のクリニックで適切な治療を行うことが欠かせません。

しかし、食生活の乱れによって引き起こされているのであれば普段の食事を見直すことで改善効果を期待できます。

子どもの食生活の乱れは今や大きな問題となっており、親子で一緒に解決しなければいけません。

無理なダイエットをした場合やスナック菓子やジャンクフードでお腹を満たしてしまうとアポクリン汗腺から出る汗は脂肪分やたんぱく質でいっぱいになってしまいます。

脂肪分やたんぱく質が多く含まれた汗は、皮膚の表面で細菌が分解されるときに強い臭いを発生させワキガやすそわきがの悩みを引き起してしまうのです。

もし、子どもの食生活の乱れが気になるのであればバランスの良い健康的な食事に変え、肉中心のメニューから野菜をふんだんに使ったヘルシーなメニューにチェンジしてみるなど効果的な対策してみると良いでしょう。

子どものワキガはできるだけ早く対策しましょう

子どもがワキガやすそわきがの悩みを抱えているなら、できるだけ早く正しい対策を行うことをおすすめします。こどものすそわきがイメージ3

思春期の子どもがワキガやすそわきがになってしまうと子ども自身がコンプレックスを持ってしまうだけでなく、周囲から「くさい」と指摘されてしまうこともあります。

子どもは素直な分、感じたことをストレートに相手に伝えてしまうことも少なくありません。

指摘した本人は深い意味を持たずに言葉を発していたとしても言われた本人は深く傷付きます。

ワキガやすそわきがは、遺伝や体質が原因で発症してしまう方もいますが、このような事情を理解することができない低年齢の子どもは悪意なくストレートな言葉で相手を傷付けてしまうこともあるのです。

ワキガやすそわきがの悩みを抱えている子どもは、自分は周囲に不快感を与える人間だと思ってしまうことや人と接することが怖くなってしまうなど、日常生活に支障を来してしまうこともあるので、できるだけ早く専門のクリニックで治療を始めることをおすすめします。

親はどう対処すべきか?

子どもがワキガになってしまうと親も深刻に悩んでしまうことでしょう。

しかし、親があまりにも深刻に捉えすぎて心配し続けてしまうと、ますます子どもは自分はダメな人間なんだと考え込んでしまうこともあります。

ワキガ対策として消臭クリームなどでケアすることもできますが、まずは通気性の良い消臭効果を期待できる下着に変えることや洗濯をこまめに行うほかにも野菜中心のバランスの良い食事に変えるなど、子ども本人がワキガであることを重く受け止めないような方法で対策していくと良いでしょう。

また、子どもが深く悩んでいるときには、ワキガは対策すれば改善できるということを伝え温かくサポートしてあげることも大切です。

しっかりとワキガやすそわきがに対する知識を持っていれば、過剰な反応をせず、支えてあげることができるでしょう。

早期解決を目指すなら専門のクリニックに相談してみましょう

こどものすそわきがイメージ4現在、ワキガやすそわきがの情報はネットでも集めることができます。しかし、中には不安を煽るような情報もあるため、情報を集めれば集めるほど大きな悩みになってしまう方も少なくありません。

不安を解消しながら正しいワキガ・すそわきが対策を行いたいのであれば、効果的な治療を受けられる専門のクリニックに足を運んでみると良いでしょう。子どものワキガ治療を行うクリニックも増えており、数多くの患者様を診てきているので、豊富なデータを持ち合わせています。

そのため、しっかりした診断ができ、患者一人ひとりに合った治療法や対策法をアドバイスしてくれます。また、最新の治療を受けられるのも嬉しい点です。

もし子どもがワキガだと思った場合や悩んでいた場合には、まずしっかりと調べたうえでサポートをしてあげましょう。

もし症状が深刻な場合や子どもが悩んでいる場合には専門家に相談してみると良いでしょう。

専門家が悩みに対して丁寧にアプローチしてくれます。

監修医師

doctor
クリニック名さかえクリニック
住所〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
院長末武信宏
院長プロフィール順天堂大学医学部 非常勤講師
日本美容外科学会認定専門医(第219号)
第88回 日本美容外科学会 会長
プロボクシング トレーナー JBC認定(NO.31532)
国際抗老化再生医療学会 認定指導医
一般社団法人 先端医科学ウエルネスアカデミー(AMWA)副代表理事
https://www.amwa.jp
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事
トップアスリート株式会社 代表取締役
http://topathlete.co.jp
WEBサイトhttps://sakae-clinic.com
https://wakiga.media

-すそわきが