• スソワキガキャンペーン

外用薬

外用薬によるすそわきがの治療について

すそわきがの治療法-切る手術イメージ6-すそわきがは気になっても、なかなか治療には踏み切れないものです。

陰部を露出して治療を受けることに抵抗がある方も、簡単な診察を受けたうえで外用薬を処方される程度なら受け入れやすいのではないでしょうか。

すそわきが向けの外用薬は、リップスティックを大きくしたようなタイプで制臭作用があります。

すそわきがは思春期以降に臭いが酷くなっていきますが、本格的に治すための外科的治療などは思春期以降に推奨されています。

思春期を迎える以前や外科的治療に踏み切るまでの臭いを抑えたい際に、外用薬は最適です。

年齢の低いお子様で臭いが気になり出した場合は、ほかの治療法が選択しにくいので外用薬が提案されるケースが多くなります。

一方、大人でも、症状が酷くなければ、外用薬によって臭いのコントロールは十分可能です。

外用薬を用いた治療の注意点としては、効果に個人差があることと肌に合わないケースがあることです。

成分にアレルギーがある方やお肌が敏感でかゆみやピリピリ感を感じることや下着で蒸れるなどしてかゆみなどが強くなった場合には使用を中止して、医師に相談しましょう。

なお、制汗剤デオドラント外用薬の料金の目安は1本1,500円程度です。

こんな方におすすめ

手術や他の治療法を受ける予算がない。
施術に抵抗がありダウンタイム、痛みが全くなく臭いを無くしたい。
手軽な治療を希望。
臭いがそれほど強くない

外用薬のメリット

・ダウンタイムがないこと
・傷跡などが一切残らないこと
・後遺症や合併症が起こらないこと
・手軽に短時間で行えること
・自分自身でいつでも行えること
・費用が安価なこと

外用薬のデメリット

・完治は望めないこと
・外用をストップするとすぐに臭いが再発すること
・どこでも外用薬が手に入るわけではないこと
・臭いが無くなるには外用して少し時間がかかること

自分で出来るワキガの予防法

・できる限り汗をかかないこと
・脱毛すること
・毎日入浴して患部をよく洗浄すること

外用薬のFAQ

外用薬の副作用はありますか?

基本的に長期連用しても副作用の心配はありません。しかしクリームの基材に接触性皮膚炎を起こす方が稀ですがいます。

外用してからどのくらいの時間で効果がわかりますか?

早い方で24時間ほど経過してからわかります。一般的には2-3日で効果が実感できます。

外用薬はどのくらいの頻度で使用するのでしょうか?

一般的には1日2回の塗布を推奨します。

何歳からでも使用できますか?子供でも大丈夫でしょうか?

副作用がほとんど報告されていないため子供の方から高齢者まで問題なく使用できます。

手術後でも使用できますか?

抗生剤が基本になりますので術後すぐからご使用いただけます。

ミラドライやビューホット施術直後からも使用できますか?

施術直後に使用することで創部の感染も防ぐことができますので、すぐにご使用可能です。

外用する時、かゆみや痛みはありませんか?

特別な接触性皮膚炎が起こるケースを除いて塗布してもかゆみや痛みは生じません。

費用はどのくらいでしょうか?

1か月分で3000-5000円程度です。皮膚の状況で毛包炎を起こしているなど場合によっては保険が効く場合もあります。医療費控除の適応になります。

ワキガクリームですそわきが・わきがの対策をしよう!>>

監修医師

doctor
クリニック名さかえクリニック
住所〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
院長末武信宏
院長プロフィール順天堂大学医学部 非常勤講師
日本美容外科学会認定専門医(第219号)
第88回 日本美容外科学会 会長
プロボクシング トレーナー JBC認定(NO.31532)
国際抗老化再生医療学会 認定指導医
一般社団法人 先端医科学ウエルネスアカデミー(AMWA)副代表理事
https://www.amwa.jp
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事
トップアスリート株式会社 代表取締役
http://topathlete.co.jp
WEBサイトhttps://sakae-clinic.com
https://wakiga.media

-すそわきが