• スソワキガキャンペーン

EL法(電気分解法)

「すそわきが・ワキガ・多汗症の治療法」のEL法(電気分解法)

すそわきがの治療法-切る手術イメージ2-EL法はElectrolysis法の略で、日本語では電気分解法と呼ばれることもあります。高周波エネルギーの働きで汗の元や黄ジミの元をはじめ、臭いの元をピンポイントで破壊でき、体にも負担の少ない治療法です。EL法の効果は即効性が高いうえ、持続的な効果が出るのが魅力で、軽度のすそわきが・わきが・多汗症の方から、重度の方まで対応できます。具体的な施術内容について見ていきましょう。

まず、治療時間は20分程度と短時間で完了できます。通常の1/10の濃度の麻酔薬の使用で済むため、体への負担も軽減されます。術後の痛みも少なく、毛包にピンポイントで治療する方法なので、傷跡もほとんど残りません。EL法を受けた当日から基本的な日常生活が可能となります。

ダウンタイムはありませんので、お仕事や運動などもできます。ただし、サウナやプールは医師の指示があるまで避けてください。通院回数は1回~6回程度でカウンセリングと施術、経過観察などが実施されます。

なお、EL法(電気分解法)による治療が可能となるのは、成長の状態にもよりますが、およそ小学4年生からです。 もっとも、お子様が不安にならないよう、保護者の方が治療に同伴して、傍で見守ってあげることが大切です。

EL法による治療は基本的に自費診療となります。 ですが、医療費控除の対象となりますので、費用の金額やその年1年間にかかったほかの家族との医療費を合計することで、所得税の負担軽減が期待できます。

EL法(電気分解法)の仕組み

EL法(電気分解法)は専用のマシンを用いて、高周波エネルギーを照射し、臭いの元となるアポクリン汗腺をはじめ、汗の元となるエクリン汗腺、黄ジミの元となる皮脂腺をピンポイントで破壊できる技術です。汗腺や皮脂腺を破壊してしまうので、汗や臭い、黄ジミを抑えることができます。

わきがだけでなく、すそわきがやチチガ(乳輪わきが)にも対応が可能です。EL法は体に負担の少ない治療法であり、お子様からも対応できます。
また、臭いや汗を抑える即効性があり、しかも、その効果が長く持続するのもメリットです。

一方、EL法が受けられる医療機関が少なく、普及が進んでいないのは、医師による技術の習得が極めて難しく、高度なテクニックが求められる点と特殊で高額な機器の購入が必要となること、手術などほかの治療法に比べて、はるかに手間と時間がかかり、医療機関の収益が見込めないことなどが挙げられます。

EL法(電気分解法)とは?

EL法イメージ2EL法はビューホットによる治療と似ておりますが、手技が極めて難しいため普及していません。
ビューホットは正常な皮膚にもランダムに針を刺入し高周波の熱エネルギーを加えるのに対し、EL法はピンポイントにアポクリン汗腺やエックリン汗腺、皮脂腺を破壊することができ、正常細胞へのダメージを極限まで抑制した治療になります。

射撃に例えるなら、周囲に一切ダメージを与えないようにライフルでターゲットをピンポイントで打ち抜くか、機関銃でターゲット以外の周りにもダメージを与える乱射を行いターゲットを打つかの違いになります。
EL法は針の先端以外は絶縁されていますので、皮膚表面には熱エネルギーによるダメージがほとんどなく施術後の痛みや腫れはほとんどありません。
ただし、一部では看護師や無資格者がEL法を電気分解法と称して、電気脱毛のごとく実施している施設もありトラブルや治療が無効であった報告もあります。

必ず熟練した医師が施術を行うべき治療です。

治療手順

1:治療部位、範囲のデザイン

2:患部の消毒

3:局所麻酔:キシロカイン注射による(メイロン混注によるPH調整で注入時の痛みを軽減)

4:出力レベル、通電時間、通電回数を設定(パラメーターは詳細に設定される)

5:絶縁針を毛穴へ挿入して通電→ピンポイント熱凝固(施術中の冷却は不要)

6:治療後はアイスパックなどで冷却する

7:ステロイド軟膏の塗布

合併症:毛穴に一致した一時的な発赤、色素沈着、治療部位の皮膚の知覚鈍麻

EL法(電気分解法)の普及が何故進まないのか?もっと詳しく見てみましょう

すそわきがやワキガ対策に効果的なEL法(電気分解法)、何故普及が進まないのでしょうか。

この理由は主に以下のようなものが原因かと思われますが、当院では推奨させて頂いております。

1:1本1本特殊なニードルを全ての毛穴に正確に挿入して高周波の熱エネルギーで処理する手技の修得が困難。長期間のトレーニングと経験が必要なため。

2:片側1000箇所以上の通電処理に大きな手間がかかり術者に大きな負担がかかるため。

3:看護師に任せて施術を行っている医療機関もあるが 専門医が担当するには肉体的かつ時間的負担が大きく採算が取れないため。

4:EL法で使用する小林式電気脱毛システムの購入が困難なため。

5:ワキガ・多汗症手術の相当数の経験が無いと、皮膚のターゲットポイントがわからず 単純な脱毛になってしまい効果が悪くなるため。

6:小林式絶縁針が高額でこの針を施術で部位に応じて数多く使用する場合もあり コストがかかるため。

7:すそわきがの治療の経験がある医師がほとんどいないため。

8:ミラドライ、ビューホットという機器に頼り医師自体が施術するのではなく施術自体を看護師任せにして収益を上げるビジネスモデルが普及したため。

9:複数回の治療が必要なため集客力が弱くなり収益性が劣るため

上記のように、多くのデメリットがあるためクリニック側の負担増によって残念ながら普及に至っていない現状があります。

従来のスソワキガ治療は外科的治療だけが唯一の治療法でしたが、EL法を初めとしてミラドライ、ビューホット、ボトックス注射、HIFUなどメスを使用しないダウンタイムが少ない治療法の開発で比較的手軽に受けられるようになりました。

 

EL法(電気分解法)治療のメリット

1:術後の固定が不要
2:ボトックス注射以外の全ての治療と比較してダウンタイムが最も少ない
3:血種形成や皮膚壊死などのリスクが少ない
4:治療直後からスポーツや入浴も可能。
5:短時間で終了するため局所麻酔薬の量が最小限の使用に抑えられる
6:脱毛希望の患者様には脱毛が同時に可能
7:小陰唇や肛門といった他の治療法では難治の部位にも対応可能
8:最小限の皮膚ダメ―ジのため施術後の痛みがほとんど無い
9:複数回の治療で確実に永久的な効果が期待できる

EL法(電気分解法)治療のデメリット

1:永久的な完治を得るためには複数回の治療が必要
2:脱毛を希望しない場合でも毛の密度が減少してしまう
3:施術後1週間は毛の処理ができない
4:高度な技術を要する治療法のため普及しておらず施術を受けられる施設が限定される
5:保険適応にならない

実際の臨床現場でのトラブルや問題点

1:看護師や無資格者が施術している施設では全く効果が無いケースも報告されている

2:熟練した専門医が治療を実施している施設が限定的で、ある程度の治療期間も必要

3:いつでもどこでも簡単に治療が受けられない

EL法(電気分解法)のFAQ

EL法(電気分解法)について、よく頂くご質問をまとめてみました。
ご参考にして頂いて、患者様が正しい治療を選択できるようになって頂ければ嬉しいです。

EL法が不適応な人はいますか?

原則としまして全ての方に治療可能です。スソワキガ手術をされたことがある方やミラドライ、ビューホットを受けられて再発した方でも問題なく受けられます。VIO領域に皮膚疾患等がある方につきましては、治療ができないこともあります。

EL法のダウンタイムを教えてください。

毛穴に直接針を挿入して加熱するため、挿入部位の一時的な赤みが起こることがあります。手術と異なり固定は不要です。当日は長時間の入浴、サウナ、水泳は控えていただきます。局所麻酔による内出血が出る可能性がありますが、1週間以内に消えます。ビューホットのように点状の瘡蓋形成が長期に認められたり、色素沈着が残る可能性はほとんどありません。

EL法の効果は永久的ですか?

理論的にも実践的にもすでに30年以上の歴史がある安全性の高い治療で、治療法の改良や機器の改良もあり、長期予後の確認が取れている唯一の治療法で永久的効果は期待できます。しかし、単回の治療では永久的効果が期待できない場合もあります。

どうしてEL法は普及していないのでしょうか?

EL法はあらゆる治療法の中で手技の修得が最も困難で、機械任せに行う治療では無く、経験豊富な熟練した専門医による施術が必ず必要となるため普及していません。
また、熟練した医師が行わないと治療に長時間要するため、医療機関側の収益性が悪くほとんど採用されていません。
あらゆる治療法の中で最もダウンタイムや痛みが少なく永久的治療効果が期待できますが、治療を担当する専門医がほとんどいないというのが最大の欠点です。

EL法を受けるとVIOの毛は脱毛されますか?

やや毛量が減少することがありますが、調整することができます。毛を残すことも脱毛することもご希望に応じて可能です。

すそわきがはVIO脱毛を受けると改善するって本当?! もっとみる>>

EL法施術後のケアはどうすればよいでしょうか?

特別なケアは不要です。
炎症抑制のため当日は冷却を行っていただきます。
施術後、腫れや炎症を抑制するためステロイド軟膏を塗布していただくことがあります。
当日の長時間の入浴、サウナ、水泳は控えていただきますが他のスポーツは行っていただいても問題ありません。

EL法の治療時間を教えてください。

デザイン、麻酔、電子エネルギー照射、冷却など術後の処置を含めて、30~40分程度です。(治療範囲によって時間は異なります。)

EL法施術中は痛みがありますか?

局所麻酔を行うため施術中の痛みはありません。

元日本美容外科学会会長のいる、さかえクリニックの麻酔についてもっと見る>>

施術後、通院の必要はありますか?

施術後の通院は不要です。しかし、複数回の治療で完治を目指すためコースでの治療をお勧めします。

施術の効果はすぐに現れますか?

施術直後から効果を感じられます。

VIO脱毛をエステで受けていますが、EL法の施術を受けられますか?

EL法の施術は、直近の脱毛施術から2週間ほど空ける必要があります。また、EL法治療後は、約3か月間は脱毛施術を受けることを控えてください。

EL法を受けて後遺症は将来出ませんか?

スソは重要な神経が皮下直下に認められず、神経損傷など重篤な後遺症を起こしにくい場所です。EL法は皮膚へ針を刺入する治療では無く、毛穴に絶縁針という特殊な針を挿入して高周波で熱を発生させ、汗腺をピンポイントで破壊する治療で、正常皮膚へのダメージを極限まで抑えていますので、熱傷、神経損傷、瘢痕などの後遺症などはこれまで一切報告されていません。

子供でも治療は可能でしょうか?

スソワキガの治療には中学生以下のお子様の治療はお勧めしません。
成長期のお子様の汗腺は発達途中であり、効果が劣るため再発率が高くなります。

子供のすそわきが もっとみる>>

施術後、傷痕は残りませんか?

傷跡は残りません。
一時的に毛穴に一致した赤みや色素沈着が出現することがありますが必ず消えます。
類似の治療を電気分解法と称して看護師が施術を行う施設ではトラブルが生じていることが報告されています。

コースの場合、治療期間はどの程度あける必要がありますか?

2か月以上の間隔を空けていただければ問題なく施術可能です。

次の施術までの期間が開いてしまったら効果が悪くなりますか?

治療期間が空いてしまっても効果が悪くなることはありません。

針を使用することで衛生面は大丈夫でしょうか?

患者様一人一人に専用の絶縁針を使用し、ロット番号を振り分け名前と番号をタグ付けして専用容器に入れて厳重に管理します。
また、施術を受ける全ての患者様へ血液検査を行い、B型肝炎の感染症などキャリアチェックや糖尿病の有無などを事前に確認します。
このため衛生管理上に問題が起こることはまずありません。

EL法を受ける前には患部の毛は剃った方が良いのでしょうか?

脱毛した状態の方が毛穴がわかりやすくスムーズに治療ができます。
可能あれば事前に毛を剃っていただくと、治療時間も短くより効率的に治療が可能となります。

麻酔の副作用が怖いのですが大丈夫でしょうか?

EL法は左右に分けて治療を行うため片側10~15分程度で終了します。
このため麻酔が15分効いていれば十分ですが、ミラドライやビューホットでは長時間の治療であるため、高濃度かつ大量に麻酔薬を使用します。
一般的には1~2%のキシロカインを40~60cc程使用しますが、当院では0.2%のキシロカインを麻酔時に痛みが極力出ないようPH調整して20cc程使用します。

監修医師

doctor
クリニック名さかえクリニック
住所〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
院長末武信宏
院長プロフィール順天堂大学医学部 非常勤講師
日本美容外科学会認定専門医(第219号)
第88回 日本美容外科学会 会長
プロボクシング トレーナー JBC認定(NO.31532)
国際抗老化再生医療学会 認定指導医
一般社団法人 先端医科学ウエルネスアカデミー(AMWA)副代表理事
https://www.amwa.jp
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事
トップアスリート株式会社 代表取締役
http://topathlete.co.jp
WEBサイトhttps://sakae-clinic.com
https://wakiga.media

-すそわきが