• スソワキガキャンペーン

デオドラントとは?制汗剤との違いや効果&種類と選び方まで徹底解説

汗や臭い対策でよく耳にする「デオドラント」について、

「そもそも『デオドラント』ってどんな意味?」「制汗剤と何が違うの?」

などと、疑問に思うことはありませんか?

そこで、本記事は

・デオドラント用品と制汗剤の違い

・デオドラント用品の種類や効果的な使い方

などを詳しく解説します。

正しいデオドラントケアで、臭い対策をしましょう。

1.デオドラントとは?

そもそも「デオドラント」(英: deodorant)とは、「消臭剤」や「防臭剤」といった意味で、臭いのケア用品を総称して使われる言葉です。

では、デオドラントのはたらきや成分について、詳しく見ていきましょう。

1-1.デオドラント用品と制汗剤の違いは?

デオドラントといえば、脇などにシューッと吹きかける「制汗剤」を思い浮かべる人もいると思いますが、デオドラント用品と制汗剤には、以下のような違いがあります。

デオドラント用品と制汗剤の違い

デオドラント用品

…「体臭を抑える」ことを目的とする

制汗剤

…「汗が出る量を抑える」ことを目的とする

そのため、

・臭いのケアにはデオドラント用品

・汗の量を抑えるには制汗剤

など、ケアしたい内容に合わせて使い分ける必要があります。

ただし最近では、両方の効果を併せ持つアイテムも多くなっています。

1-2.臭いの原因と有効デオドラント成分

デオドラント用品には、臭いの原因にアプローチするための有効成分が配合されています。

そもそも、臭いの原因は?

臭いの原因は、「汗=臭いの原因」と思う人は多いでしょう。

しかし、汗そのものに、臭いは発生しません。

汗に含まれる皮脂が、皮膚にいる細菌(皮膚常在菌)によって分解されることで、臭いの原因物質が発生し、これが体臭やワキガ臭となります。

とくに、脇には皮脂を含む汗を多く分泌する「アポクリン汗腺」が多いため、臭いが発生しやすくなるのです。

そんな嫌な臭いを改善してくれるデオドラント用品の有効成分は以下のとおりです。

デオドラント用品の有効成分

殺菌成分
…臭いのもとを作る細菌の繁殖を抑える

▶成分例:

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

・ベンザルコニウム塩化物

消臭成分
…発生した臭いの原因物質に結びつき、特有の臭気を消す

▶成分例:

・酸化亜鉛

・ミョウバン

・緑茶乾留エキス

また、これらに加えて、制汗のはたらきがある有効成分も配合されることがあります。

制汗の有効成分とは?

制汗剤、または制汗のはたらきをもつデオドラント用品には、 毛穴を一時的に引き締める「収れん作用」をもち、発汗量を抑える成分が配合されています。

▶成分例:

・クロルヒドロキシアルミニウム

・フェノールスルホン酸亜鉛

・ミョウバン

続いて、効果的なデオドラント商品の選び方を見ていきましょう。

2.デオドラント用品の種類と選び方

デオドラント用品にはスプレーや拭き取りシート・スティック状のものなど、さまざまなタイプのアイテムがあります。

それぞれ以下のように特徴が異なるため、目的に合う形状のものを選びましょう。

デオドラント用品の種類と特徴

①スプレータイプ

…シューッと吹きかけて脇や背中も瞬時にリフレッシュ

②シートタイプ

…気になる汗やべたつきをさっぱり拭き取る

③ロールオンタイプ

…手を汚さず手軽にムラなく直塗り

④スティックタイプ

…手を汚さず直塗りできて防臭効果が長続き

⑤クリームタイプ

…肌にしっかり密着し持続性が抜群

これらの5つのタイプごとに、おすすめのアイテムもあわせて、さらに詳しくご紹介していきます。

気になるタイプをチェックしてみてくださいね。

  • スプレータイプ

「スプレータイプ」は、スプレーをシューッと吹きかけるだけで広範囲に行き届き、噴射による爽快感も得られるアイテムです。

脇や背中などにも手軽に使えて便利なタイプです。

また、直接肌に触れないため、衛生的に使えるのも嬉しいポイントになります。

おすすめの使用シーン

・全身の臭いのケアをサッと済ませたいとき

・汗を拭いた後のリフレッシュに

◆スプレータイプのおすすめアイテム

※掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです

・プレミアム デオドラントスプレーDX(Agデオ24)

https://www.shiseido.co.jp

スプレータイプのおすすめは、Agデオ24(エージーデオ24)の「プレミアム デオドラントスプレーDX」です。

3種の有効成分により、「殺菌」「制汗」「消臭」の効果があります。

さらさらパウダーを配合したスプレーが、肌表面にピタッと密着して、汗・臭いをしっかり防いで、さらさらな肌の使用感を味わい、効力を保ちます。

また、加齢臭など汗以外の気になる体臭も、香料や粉末などでカバーしてくれます。

商品詳細

【商品名】プレミアム デオドラントスプレーDX(医薬部外品)

【ブランド】Agデオ24(エージーデオ24)

【価格】

・1,300円/180g

・490円/40g

【有効成分】

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

・クロルヒドロキシアルミニウム(制汗)

・酸化亜鉛(制汗、消臭)

【買える場所】公式通販、ドラッグストアなど

監修医師の目線

出掛ける前に臭いの気になる部位へスプレーできるという利点はあるが、ワキガ臭を完全にブロックするには至らない。使いやすい商品であるが、即効性の面では疑問である。
医薬品ではない商品での殺菌には限界がある。

  • シートタイプ

「シートタイプ」は、ウェットティッシュのように液体を染みこませたシート状のアイテムです。

持ち運びに便利で、汗やべたつきが気になるときに、さっぱり拭き取ることで臭いの発生を抑えてくれます。

一枚ずつの使い捨てなので、衛生面が気になる方にはおすすめのアイテムです。

おすすめの使用シーン

汗をかいた後やべたつきが気になるとき

運動後すぐシャワーを浴びられないとき

◆シートタイプのおすすめアイテム

※掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです

・さらさらパウダーシート 薬用デオドラント 無香料(Bioré)

https://www.kao.com/jp

シートタイプのおすすめは、Bioré(ビオレ)の「さらさらパウダーシート 薬用デオドラント 無香料」です。

殺菌成分には、イソプロピルメチルフェノールが配合されています。

こちらの商品にもさらさらパウダーが配合されていることから、臭いをもとからカットし、長時間臭いが気にならないさらさらな肌をキープします。

破れにくい厚手のシートで、1枚で全身をさっぱり拭き取ることができますよ。

商品詳細

【商品名】さらさらパウダーシート 薬用デオドラント 無香料(医薬部外品)

【ブランド】Bioré(ビオレ)

【価格】

・246円~/10枚(携帯用)

・570円~/36枚(ボックス)

・462円~/36枚(詰替) ※編集部調べ

【有効成分】イソプロピルメチルフェノール(殺菌エージーデオ24)

【買える場所】各種通販、ドラッグストアなど

監修医師の目線

いつも携帯できるため、使用しやすい商品である。スソワキガの臭いが気になる方は乳輪やワキの臭いも気になる方が多いため、全て1枚のシートで対応でき便利。
しかし、夏など汗が多い季節では1日に何度も拭き取りをする必要があり、直接肌に有効成分が行き渡らないので、臭いをブロックする効果はほとんどない。強いワキガ臭でお悩みの方には有効ではない場合がある。
あくまで臭いの付いた汗拭きとしての使用がお勧め。

◆メンズ向けのシートタイプおすすめ

※掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです

・バイオコア デオドラント ボディペーパー 無香性(GATSBY)

https://item.rakuten.co.jp

GATSBY(ギャツビー)の「バイオコア デオドラント ボディペーパー 無香性」は、汗の量が多い方や男性におすすめです。

デオドラント成分(イソプロピルメチルフェノール)に加えて、制汗成分には、パラフェノールスルホン酸亜鉛があり、清涼成分には、メントールも配合されています。

さっぱり爽快な拭き心地で、汗も臭いもしっかりブロックします。

こちらも、シートタイプと同様で、ふき取り型のアイテムですが、厚手の大型シートなので、1枚で全身拭けるのもおすすめポイントです。

商品詳細

【商品名】バイオコア デオドラント ボディペーパー 無香性(医薬部外品)

【ブランド】GATSBY(ギャツビー)

【価格】415円~/30枚 ※編集部調べ

【有効成分】

・パラフェノールスルホン酸亜鉛(制汗)

・イソプロピルメチルフェノール (殺菌)

【買える場所】各種通販、ドラッグストアなど

  • ロールオンタイプ

「ロールオンタイプ」は、容器の先端についているボール状のローラーを、直接肌に当てて回転させながら液体を塗りこむアイテムです。

脇にもフィットしやすく、手を汚さずにムラなく塗ることができます。

さらっとした使用感や、コンパクトで持ち運びに便利な点が人気のポイントとなっています。

おすすめの使用シーン

・脇や首筋などにサッと塗りたいとき

・外出先で臭いのケアをしたいとき

◆ロールオンタイプのおすすめアイテム

※掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです

・ニオイブロックロールオン(Ban)

https://www.lion.co.jp

ロールオンタイプのおすすめは、Ban(バン)の「ニオイブロックロールオン」です。

デオドラント成分には、ベンザルコニウム塩化物があり、制汗成分には、クロルヒドロキシアルミニウムが配合されています。

成分が肌にしっかり密着する独自の滞留処方で、長時間臭いをブロックします。

速乾処方でべたつかず、香りも「無香性」「せっけんの香り」の2種から、お好みで選べますよ。

商品詳細

【商品名】ニオイブロックロールオン(医薬部外品)

【ブランド】Ban(バン)

【価格】517円~/40mL ※編集部調べ

【有効成分】

・クロルヒドロキシアルミニウム(制汗)

・ベンザルコニウム塩化物液(殺菌)

【買える場所】各種通販、ドラッグストアなど

④スティックタイプ

「スティックタイプ」は、固形のデオドラント剤をくり出して、気になる部分に直接塗りこむアイテムです。

ロールオンタイプと同じく手を汚さずに使用することができます。

汗が気になる部位に液体成分を塗るのに抵抗があるという方は、ロールオンタイプよりもスティックタイプがおすすめですよ。

おすすめの使用シーン

なかなか塗り直しができないとき

外出先で臭いのケアをしたいとき

◆スティックタイプのおすすめアイテム

※掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです

・ソフトストーンW(デオナチュレ)

https://deonatulle.com

スティックタイプのおすすめは、デオナチュレの「ソフトストーンW」です。

制汗・消臭の有効成分「焼きミョウバン」を、独自技術で微細化して配合しており、肌にムラなく密着します。

殺菌成分には、イソプロピルメチルフェノールがあり、ベタつき防止成分には、低温焼成酸化Znが配合されています。

さらっとした使用感で、臭いを元から防いでくれますよ。

商品詳細

【商品名】ソフトストーンW(医薬部外品)

【ブランド】デオナチュレ

【価格】900円/20g

【有効成分】

・焼ミョウバン(制汗・消臭)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

【買える場所】各種通販、ドラッグストアなど

監修医師の目線

ワキの部位専用に開発製造された商品でスソワキガには適応外と思われる。スソワキガの場合は汗を抑制しても臭いそのものは抑制できないことが多く ワキへの有効なデオドラントが全て同様に有効なわけではないと考えられる。

 

  • クリームタイプ

「クリームタイプ」は、チューブやジャーに入った、クリーム状のデオドラント用品です。

気になる部分に塗りこむと、クリームが肌にしっかり密着して、防臭効果が長続きします。

汗や摩擦でも、比較的落ちにくいのがポイントです。

おすすめの使用シーン

なかなか塗り直しができないとき

汗をかきやすい日の外出前

◆クリームタイプのおすすめアイテム

※掲載する商品は、編集部独自の調査で選定したものです

・リフレア デオドラントクリーム(メンソレータム )

https://jp.rohto.com/refrea

クリームタイプのおすすめは、メンソレータムの「リフレア デオドラントクリーム」です。

汗・摩擦に強い高密着持続処方のクリームで、においが気になる部分に長時間とどまります。

ベンザルコニウム塩化物、イソプロピルメチルフェノールの、2種類の殺菌成分と、制汗成分のクロルヒドロキシアルミニウムが配合されています。

汗の量を抑えるとともに、臭いの原因菌を徹底殺菌してくれますよ。

商品詳細

【商品名】リフレア デオドラントクリーム(医薬部外品)

【ブランド】メンソレータム

【価格】

・780円/25g(チューブ)

・1,380円/55g(ジャー)

【有効成分】

・ベンザルコニウム塩化物(殺菌)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

・クロルヒドロキシアルミニウム(制汗)

【買える場所】各種通販、ドラッグストアなど

3.デオドラント用品の効果的な使い方

最後に、ここからはデオドラント用品をより効果的に使うためのポイントをご紹介します。

臭いをしっかり防ぐには、

・汗をかく前

・汗をかいた後

の両方で、正しくデオドラント用品を使うことが大切です。

デオドラント用品を効果的に使うポイント

・汗をかく前に、脇・胸・背中・首筋を中心にデオドラント用品をつけておく

→アポクリン汗腺が多い部位や、汗が溜まりやすい部位に使うことがポイント

・汗をかいたら、しっかり拭き取ってデオドラント用品を使う

→シートタイプのデオドラント用品を使う、または汗を拭いた後にデオドラント用品を使うことがポイント

また、デオドラント用品には香りつきのアイテムもあるため、好みや使用するシーンに合わせて選んでみてくださいね。

体臭が強い場合は、臭いが混ざらない「無香性」のアイテムを使うのがおすすめです。

4.まとめ

「消臭剤」や「防臭剤」の意味をもつ「デオドラント」についてご紹介してきました。

ここまでご紹介した「デオドラント」のポイントについてまとめます。

デオドラント用品のはたらき
…殺菌や消臭の有効成分が臭いの原因にアプローチし、体臭を抑える

デオドラント用品の種類

…シート、スプレー、ロールオン、スティック、クリームといった、さまざまな形状のものがある

デオドラント用品の使い方

…汗をかく前に脇・胸・背中・首筋を中心にデオドラント用品をつけておく

…汗をかいたら、しっかり拭き取ってデオドラント用品を使う

目的に合ったデオドラント用品を使って、気になる臭いを解消しましょう。

なおこの記事では、医学的知識に関して専門家に監修をしていただいています。

監修医師

doctor
クリニック名さかえクリニック
住所〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
院長末武信宏
院長プロフィール順天堂大学医学部 非常勤講師
日本美容外科学会認定専門医(第219号)
第88回 日本美容外科学会 会長
プロボクシング トレーナー JBC認定(NO.31532)
国際抗老化再生医療学会 認定指導医
一般社団法人 先端医科学ウエルネスアカデミー(AMWA)副代表理事
https://www.amwa.jp
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事
トップアスリート株式会社 代表取締役
http://topathlete.co.jp
WEBサイトhttps://sakae-clinic.com
https://wakiga.media

-すそわきが