• スソワキガキャンペーン

【医師が解説】すそわきがの治療方法や対策

お手洗いや着替えのとき、自分のデリケートゾーンの臭いが気になることがありませんか?

基本的に、デリケートゾーンの臭いは汗や蒸れによって起きますが、この場合洗浄することで臭いは改善されます。
もし、綺麗に洗っても臭いがなくならない場合、それは単なる体臭ではなく、すそわきがという症状が原因かもしれません。

すそわきがとは、陰部周辺でワキガと同じような臭いが発生している状態のことをいいます。パートナーに指摘されて初めて気がつくなど、自分では慣れてしまって気が付かない場合もあります。
デリケートゾーンの臭いは、すそわきがによることもあります。

すそわきがとは、陰部周辺でワキガ臭が発生している状態のことをいいます。これには遺伝傾向があります。また、ワキガ、チチガ(乳輪ワキガ)が同時に併発していることも多く、すそわきがだけ、という状態の方は少ないようです。
すその臭いはなかなか自分では気が付きにくいためパートナーに指摘されて初めて気づく方もいます。
すそわきがに関します基本的知識や見分け方、具体的な対処方法を解説します。

今回は、すそわきがについての基礎知識やその見分け方、具体的な対処方法を解説します。「もしかして、私、すそわきがかも…?」とお悩みの方は、ぜひ、ご参考になさってください。

すそわきがとは?

すそわきがとは、下腹部から肛門周囲までの陰部周辺でワキガ臭が発生している状態のことです。
デリケートゾーンはむれやすかったり、おりものの臭いの影響もあるため臭いの種類や原因が自分ではわからないこともあります。

すそわきがの特徴

すそわきがは、下腹部から肛門周囲までの陰部周辺からワキガのような臭い、ツンとした独特な臭い、アンモニア臭がするのが特徴です。男性も女性も起こりうる症状です。
すそわきがの方の下着にも、この臭いが付いていることが多く自分の下着の臭いをかいで気が付くこともあります。

すそわきがの原因

すそわきがの臭いは、真皮に存在するアポクリン汗腺から分泌した汗が常在菌によって分解されることで、発生します。
汗によって周囲に臭いが拡散されると他人にも気が付きますが、ワキガと異なり臭いの場所が下腹部から外陰部のため日常生活では周囲の方へ気が付かれることは少ないようです。
アポクリン汗腺はワキや外陰部、肛門周囲、外耳道、乳輪周囲などにあり、遺伝により発達程度が異なるため、臭う人・臭わない人がいます。

ワキガがあっても、すそはほとんど臭わないという人もいますが、その臭いの差は個人差が大きな部分です。

また、実際、臭いはかなりきついのですが、腋と違い鼻から離れている部位でもあるため普段は気が付かない方も少なくありません。

すそわきがの判断

自分の嗅覚は自分の臭いに慣れてしまっていることが多く客観的な判断ができないこともあります。

すそわきがのチェックポイント

・両親、兄弟にワキガの人がいる
・乳輪やワキに独特な臭いがある
・下着に黄色い汗ジミがつくことがある
・ パートナーに乳輪やワキ、デリケートゾーンの臭いを指摘された
・耳垢が湿っている
・おりものが無いのに、すその臭いが気になる
・下着の臭いが気になるもしくは家族に指摘された

すそわきがのセルフチェックするポイントとは?>>

すそわきがの改善方法

すそわきがの解消には、

「臭いを一時的に消失させるか軽減させる方法(対処療法)」
「臭いを完全に消失させる方法(根本的な治療方法)」

の二つがあります。

臭いを一時的に消失、もしくは軽減させる方法(対処療法)

1:医療脱毛
下腹部の有毛部位には特にアポクリン汗腺が多く存在しています。蒸れやすくこの部位を脱毛することで毛にも臭いが付かなくなり改善することもあります。VIO脱毛よりも下腹部の外陰部周囲の脱毛をお勧めします。

2:市販デオドラント剤使用
すそわきがは、消臭・滅菌作用のある成分を配合した市販のデオドラント剤で一時的に臭いを軽減することもできます。

3:ワキガクリームの使用
ワキガクリームは市販ではなく医療機関で処方しています。臭いを発生させる常在菌を殺菌する抗生剤のクリームで患部への塗布後2-3日で確実に臭いが軽減もしくは消失し副作用もまずありません。
ただし、クリームの塗布を止めると元の状態に戻ります。

臭いを消失させる方法(根本的治療法)

一時的な効果の対処療法では満足されない方も多いため、効果が確実な治療法を選択することも考慮する必要があります。

注射による治療法(ボツリヌストキシン注射)

ボツリヌス菌から抽出されたボツリヌストキシンを臭いの発生している外陰部へ注射することでアポクリン汗腺、エックリン汗腺の働きを抑制し、臭いの元の成分や汗の分泌を抑えます。
施術時間は5分程度です。患部が腫れたり痛みが出たり赤くなったりするようなダウンタイムもありません。注射による治療ですので傷跡が一切残りません。
しかし、効果の持続期間は3-6か月程度なので、効果持続のためには注射を打ち続ける必要があります。注射後2-3日後から効果が発現します。

手軽に行えるリスクが少ない効果が確実な方法といえます。

ビューホット

専用カートリッジを患部に押し当て施術を行うため、メスを使用せず身体への負担は少ない治療法です。永久的効果を期待したい方におすすめです。

特徴
・費用は30万円~40万円程度(施設によっては看護師が施術しています)
・切らない治療のため固定が不要です。
・点状のカサブタや傷跡が長期間残ることがあります。
・複数回の治療で効果は認められますが、1回の治療では再発が少なくありません。
・皮膚へ刺入した、細い針に高周波を流して熱を発生させでアポクリン腺とエクリン腺を破壊し、臭いと汗の量を一度の施術で抑える方法です。

ビューホットについてもっと見る>>

HIFU治療

高密度焦点式超音波(HIFU=ハイフ)を皮膚へ照射して熱エネルギーによって表皮にダメージを与えずアポクリン汗腺、エックリン汗腺を熱凝固破壊します。

特徴
・費用は30万円~40万円程度
・傷跡が残りにくい
・完治するには複数回の施術が必要なことも
・短時間で終了します。
・術後痛みが全くと言ってよいほどありません。

HIFU治療についてもっと見る>>

EL法(電気分解法)

臭いの発生原因であると思われる、下腹部から肛門周囲の陰毛に沿って針を挿入し、高周波を流しピンポイントで熱を発生させることでアポクリン汗腺、エックリン汗腺を永久的に熱凝固させる治療法です。

このEL法(電気分解法)は臭い、汗、汗ジミが大きく軽減します。同時に、毛の中枢である毛乳頭や皮脂腺狭部を破壊するので、永久脱毛効果があります。

特徴
・費用は1回あたり20万円程度(完治には複数回の治療が必要)
・施術時間が短い
・出血や腫れがほとんど起こらない
・傷跡が一切残らない
・術後の痛みが無い
・治療直後から効果が実感できる
・治療直後から入浴やスポーツができる
・表皮への負担が少なく日常生活での制限が無い
・1回でも効果は期待できるが完治するためには複数回の治療が必要
・脱毛も同時に可能
・皮脂腺も破壊できるため黄ジミが減少
・固定など不要で術後のわずらわしさが無い
・基礎疾患を持った方でも安全に施術できる

EL法(電気分解法)についてもっと見る>>

ミラドライ

超短波を皮膚へ照射して熱エネルギーで汗腺を破壊する治療法です。

特徴
・費用は35-50万円程度
・術後の痛みが強い
・腫れや発赤が強く出て、皮膚が熱傷を起こすケースも
・施設によっては全て看護師が施術を行う
・1回では完治できないケースも少なくない

ミラドライについてもっと見る>>

すそわきがの治療方法の選択

治療方法は複数ありどれを選択すればよいのか迷う事でしょう。
最適な治療方法は、ご予算、臭いのレベル、範囲、術後の生活によって異なります。
軽度の場合はまずはボツリヌストキシン注射をお勧めします。臭いが一時的にしろ消失した時の状態が容易に実感できる治療法です。
これらの治療法の中で、複数回の治療が必要ですが、確実に有効でダウンタイムが最も少なく負担が少ないEL法(電気凝固法)がお勧めです。

すそわきがのクリニック、医師の選び方

すそわきがで悩まれています患者様にとりまして広告だけでは真のクリニックの現況がわかりません。
そこで絶対に安心できるクリニック選び、医師選びをまとめてみました。

・カウンセリング、診察、施術、アフタケア―担当が全て同一医師であること
・医師の経験が美容外科もしくは形成外科経験15年以上であること
・美容外科専門医、形成外科専門医の専門医に認定されていること
・看護師に施術を行わせるクリニックでないこと
・治療費以外に、余分に費用を通院ごとに要求されないこと
・ワキガ手術を少なくとも数百例以上経験している医師であること
(1例のワキガ手術を行ったことが無い医師が、ワキガ治療を行う事はナンセンスです。理論もワキガの仕組みも認識していない医師が施術することは安心できません)
・丁寧に施術の説明を行い、治療法の資料を渡してくれること
・当日の施術を無理に勧めないこと
・高い金利の医療ローンを組ませて行う医療機関には注意を
(1か月ごとの支払いは安くても、総額は金利分も付与されていまい高額になることもあります。)
・経歴や実績が明確な医師であること
・クリニックの実質オーナーで院長であること(やとわれ医師は退職してしまうと問題が起こってもクレームを受け付けてくれません)
・異常に安価な治療価格でないこと(治療には適正価格が存在します。安い価格ということは効果や安全性に保証がないことも)
・大学病院との連携や関連がある医師であること
(大学病院との関連は研究や勉強に熱心で最新情報を臨床に活かせる環境になります。)

まとめ

すそわきがの症状の改善には「臭いを一時的に消失させるか軽減させる方法(対処療法)」と「臭いを完全に消失させる方法(根本的な治療方法)」の2種類があります。効果の継続期間や身体への負担などで違いがあります。
想像以上にたくさんの種類の治療法があって、どれを選べば良いかわからない……と感じる方もいるのではないでしょうか?

臭いがどの程度のレベルなのかによって、最適な治療方法は異なります。すそわきがの治療は、信頼できる医師に相談することを推奨します。

おすすめの治療法であるEL法(電気分解法)を見る>>

執筆者

doctor
クリニック名さかえクリニック
住所〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
院長末武信宏
院長プロフィール順天堂大学医学部 非常勤講師
日本美容外科学会認定専門医(第219号)
第88回 日本美容外科学会 会長
プロボクシング トレーナー JBC認定(NO.31532)
国際抗老化再生医療学会 認定指導医
一般社団法人 先端医科学ウエルネスアカデミー(AMWA)副代表理事
https://www.amwa.jp
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事
トップアスリート株式会社 代表取締役
http://topathlete.co.jp
WEBサイトhttps://sakae-clinic.com
https://wakiga.media

-すそわきが